盛岡の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん盛岡店へ。

いつも街の外壁塗装やさんをお引き立てくださり誠にありがとうございます。
誠に勝手ながら現在「街の外壁塗装やさん盛岡店」はリニューアルのため工事の受付・お問い合わせを一時休止させていただいております。

ご利用のお客様には大変ご不便をお掛けし申し訳ございませんが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

今後もぜひご愛顧くださいますようよろしくお願いいたします。

上記に関してはご質問・お問い合わせはいつでもお気軽にご連絡ください。
街の外壁塗装やさん運営本部

03-3779-1505(平日9:00~18:00)
info@jacof.co.jp
(株式会社JACOF)
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

雪の多いこの時期に気を付けておきたい!ベランダトラブル


ベランダのFRPの防水工事の表面劣化に注意です!

ベランダFRP防水劣化

築15年経過したベランダのFRP防水の表面です。色の違いから分かるように屋根のかかっていない部分が傷んできています。

ベランダFRP防水劣化

表面のトップコートがはがれてきているのが原因で色が黒ずんできています。冬場に積もった雪をそのままにしておいていた様子で、凍結と解氷を繰り返して劣化が進みました。

皆さんはお住まいのベランダに積もった雪の処理をどのようにされていますか?屋根がついているベランダでしたら雨や雪の影響を受けにくいのですが、一般的には屋根が無いベランダが多い状況です。2階のベランダの場合は雪の除雪がスムーズにできないこともあり、見てみないふりをして春を迎えることも多いと思います。1年2年であれば問題ないのですが築年数が5年位経過してくるとベランダの床のFRPの素材も夏の紫外線と冬場の積雪、凍結の影響を受けて劣化が進んできます。表面のコーティングが弱くなることと合わせて、壁の中に浸透して雨漏りや、構造体への影響も出てきます。あまりひどくなってしまいますと大がかりな工事になってしまします。可能な限り、冬期間の除雪と5年に1回を目安にFRPの表面トップコートをすることをお勧めします。少しの配慮で建物を永く快適に保つことができます。

冬場の積雪の影響を注意しましょう!

ベランダFRP防水劣化

屋上の床、FRPの状態を確認しています。屋上の場合面積も広く、雨の紫外線、積雪の影響を受けやすい部分になりますので注意が必要です。

ベランダFRP防水劣化

比較的日当たりの悪い部分の劣化も目立っています。水はけの悪い部分も注意が必要ですね。